11月
24
2011

【Front-end Editor】投稿記事などを直接編集できるプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加 著者: crow
edit

記事の投稿後に見つけたちょっとした脱字や誤字。ダッシュボードに戻って投稿記事を表示させて、修正した後に再度投稿する。ちょっとめんどくさいですよね。
または、過去記事に少し手を加えたい時など、「あ~このまま記事をいじれたらいいのになぁ」と思う方も少なくはないのではないでしょうか?

Front-end Editorは、そんなお悩みにバチっとマッチするプラグインです。

【Front-end Editor】の導入

Front-end EditorはWordPressのダッシュボードからインストール可能です。
プラグインの新規追加から、Front-end Editorを検索してインストール>有効化してください。

Front-end Editorの使い方

有効化するだけで特に設定も無く利用する事が出来ます。手間が無いのでそれだけで好印象ですね。

有効化した状態でサイトを確認してみます。このままでは何も変わったように見えませんが。。。

タイトルの側にカーソルを持って行くと、Editの文字が。
クリックすると直接編集できます!超便利!

もちろん記事本文も変更可能です。

本文を変更する際は、バビューンっと上からメニューが降ってきます。

コンパクトにまとめられたリッチエディタから画像の挿入なども行えます。

カテゴリーやタグの場合は、登録済み一覧を表示してくれるので変更ミスも防げますね。

Front-end Editorの注意点

サクっと記事を修正する時にメチャメチャ役立つFront-end Editorですが、注意点もあります。

■Javascriptをオフにしていると使えない。

Front-end EditorはJavascriptを使って動いているので、当然のことながらJavascriptを切っているブラウザやKtai Style上だと動作しません。

Javascriptをオンにするか、Javascriptをオンにした別ブラウザで対応してください。

■ログインしてないと使えない

ログインしてない人まで書き換えることが出来るなら、サイト内容が他人にまるっと書き換えられてしまいます(笑)

Front-end Editorを使う際は、ログインした状態でサイトへアクセスしてください。

気がついたときにその場でコンテンツの変更や修正が出来るFront-end Editor。

一回使うとやみつきになりますよ。

複数人が関わるプロジェクトでダッシュボードに入る権限は渡したくないけど、コンテンツの編集だけはやってもらいたい。

そんな場合などにも役立ちそうですね。

それにしても、ここまで気軽にサイトのコンテンツを弄れるなら、htmlサイトよりも格段に修正がカンタンですね!

htmlを弄って、FTPでアップするという手間と比べても直接コンテンツを弄れるのは、かなり魅力的かも。

1 Comment コメントを投稿する!

  • [...] Front-end Editorの使い方:記事を簡単に編集できるWordPressプラグイン「Front-end Editor」 【Front-end Editor】投稿記事などを直接編集できるプラグイン [...]

Thank you for your Comment!

Trackback URL

無関係な内容や、内容のないと管理人が判断したものは承認いたしません。