11月
8
2011

【WPtouch】スマホ表示を最適化するWordPressプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加 著者: crow
smart

先日サムスン電子が世界スマートフォン市場でアップルを抜いて1位になったと報道されましたね。

携帯電話市場もスマートフォン熱が加熱していますが、アフィリエイターにとってもスマートフォンは無視出来ないものになっているのではないでしょうか?

そこで、今回はWordPressでスマートフォンからの表示を最適化する【WPtouch】というプラグインを導入してみたいと思います。

【WPtouch】の導入

WPtouchはWordPressのダッシュボードメニューからプラグインの新規追加でカンタンに行えます。

インストールが無事に完了したら有効化して完了です。

【WPtouch】の表示

WPtouchを有効化すると、iPhoneやAndroidといったスマートフォンからのアクセス時に、最適化した状態で表示してくれます。

ブログタイトルに深い意味はありませんが、テスト環境に導入しTOPを表示させた所です。

各個別ページの表示はこのような感じになります。

ちなみに、当ブログを表示させるとこのようになります。
TOPでの表示は少しカスタマイズしています。

WPtouchは導入したものの、スマートフォンをお持ちでは無い方もいらっしゃると思います。

そんな時に表示テストに役立つのが、FirefoxとFireMobileSimulatorの組み合わせです。

Firefoxのダウンロード

FireMobileSimulator

Firefoxは高性能・高速と定評があるオープンソースのwebブラウザです。

様々なアドオン(WordPressで言う所のプラグイン)を追加することで、単純なWebサイトの視聴からビジネスの時間短縮にも繋がる程の機能を自在に追加していくことが可能です。

FireMobileSimulatorもそんな便利なアドオンの一つで、携帯サイトシミュレータとして人気があります。

こちらを導入することで、スマートフォンからアクセスしている様にブラウザ上で表示させる事が出来ます。

FireMobileSimulatorの導入

FireMobileSimulatorの導入は非常に簡単です。

Firefoxをインストールして立ち上げたら、FireMobileSimulatorのページよりアドオンのインストール(Add to Firefox)を行います。

Firefoxのツールメニュー内にFireMobileSimulatorが追加されていますので、シミュレートしたい端末をクリックして、ブラウザを再読み込み(F5を押すと便利です)すれば選択した端末とほぼ同じ状態で表示されます。(細部までは表現できない場合もあります)

■参考画像

もしも、端末選択項目内にiPhoneなどのスマートフォン情報が無い場合は、同じくFireMobileSimulatorメニュー内の「最新端末リストから端末を追加」をクリックします。

こちらの「FireMobileSimulator : 端末追加」メニューから、端末情報を追加することが可能です。

追加したい端末にチェックを入れて、「選択した端末の追加」をクリックすれば完了です。

実機との間に誤差はありますが、どのように表示されるのかをテストをしたい場合にはとても便利だと思います。

ぜひ導入してみてくださいませ。

WordPress+WPtouch+ktai styleで、手軽に3対応のサイトが作成できますね!

某ASPでもモバイルのみだった広告案件が早々に3対応となってきていますから、アクセスを成果に結びつける為にもWPtouchやktai styleを組み合わせたサイト作りをしておくと、大きく成果に繋がるかもしれませんね。

2 Comments コメントを投稿する!

Thank you for your Comment!

Trackback URL

無関係な内容や、内容のないと管理人が判断したものは承認いたしません。